株式投資を始めたばかりの初心者です

2015-10-10

私はアベノミクスという言葉を耳にしたので、よく準備をしないまま、株式投資を始めたばかりの初心者です。
はじめはまったく儲からず、損失を抱えてヒーヒー言っていたのですが、今は景気が上向きなのか、私の腕があがったのか利益があがるようにうまくなりました。
聞いたことがあるとは思いますが、株取引には現物取引と信用取引といった取引方法があります。まず初心者にはリスクの高い信用取引は良い取引方法とは言えません。自分の資金内で売買ができる現物取引から始める事をおすすめします。

入金した金額より損するリスクがないんですから。
他に、優待狙いでじっくり購入した株式を保有するのも良いと思います。株の収益というのは、株価が変動したことで発生した利益と、配当によって、会社から支払われるお金という利益の二通りがあります。

株価の変動を読むことは難しいと思う初心者の方は、株価が落ち着いていて、一定の配当を毎期ごとに支払っている会社の株を買うことにより、配当で定期的な収入を獲得するのも良い投資方法の一つでしょう。株式投資の初心者はどの銘柄に投資するのがよいかわからないので、株式雑誌で推奨されている銘柄の中からよさそうな会社を選んで売買します。
経験を積んで、徐々に知っている会社の数を増やしていって、自分で上がると思える銘柄を発掘することにつながるのだと思います。

初めて株取引をされるならあらかじめ確定申告のことを考えて、源泉徴収ありの特定口座を開設することをオススメいたします。面倒な確定申告の調査や作業にかける時間を短縮して、かわりに、株式投資のための情報を調べることに労力を使うことができるからです。これから株を始めてみようと思って現在はバーチャルの取引にて取り組んでいます。今は順調で、結構大きく勝ち越しているのですが、いざ実際の株の取引をすると簡単にいかないような気がします。
それでも、この株のバーチャルで得た感覚というのを大切にして、今年中には株の取引をしようと考えています。
株式投資をした場合、所得税の譲渡所得や配当所得などを考えた上で、確定申告をすることになります。それでも、特定口座利用者であれば、これら税務に関する計算は金融機関がやってくれますし、確定申告が不必要な場合もあります。
このように、株投資者初心者の方にとてもオススメです。

株式投資に関する本を何冊も読んで調べた上で、株式投資の初心者が投資を開始する場合、スイングトレードと名づけられた投資法を採り入れる人もたくさんいるでしょう。スイングトレードは上手に取引できれば大きな利益を得られるので、とても人気がある株式の投資方法です。当たり前のことですが、いつでも儲かるわけではありませんから、赤字になってしまう場合もあります。

株では株式チャートによって売買判断を行うというやりかたがあります。そのなかのひとつが、押し目買いといわれる手法になります。

株式チャートの値において、株価が移動平均線と接する数値を底値とし、その底値に近づいた状態で株を購入する、というのが押し目買いというものです。これまでの実績や経験的に、今後、株価が上昇していく傾向が強まるポイントだといえます。株を持っている場合、自分の資金への利回りを意識してしまうのではと思います。

銀行に預けるとしてもあまり利息がつかない現在では、投資信託や定期預金、国債や債券に比べ、利回りの良いものでなくては何のために投資しているのかわかりません。

きちんと利回りを意識しながら投資を行うことが重要なのです。株式を購入する初心者にどうしても覚えてほしい言葉にキャピタルゲインとインカムゲインがございます。
株で利益を得るにはこの二個の言葉を覚えておいてください。
キャピタルゲインは株式売買で発生するマージンのことです。
例えば、1万円で購入した株式を2万円で捌けば、1万円の差額がキャピタルゲインになるのです。
投資の初心者が株式投資をスタートしたいと思った場合は、なるべくリスクが少ない資産運用の方法を考えることが大切です。
いきなり個別株を取引するよりも、最初のうちは投資信託などから運用を開始してみるのがよいかもしれません。
それから、少し取引の仕組みなどが分かってきてから実際に株式の売買を行うとよいでしょう。

株式の売買には損失の可能性があります。
ですので、株を初めてする場合は、まず投資信託で資産の運用を考えるのも安全な方法だと言えます。投資信託はプロの投資家が有望な投資先に大きくバランスよく分散してお金を投じるので、安全で初心者に最もおすすめの運用法のひとつと考えられます。株のデイトレードの時短期間に大もうけできてしまう人は確かにいるのです。
デイトレードというものは、注文した株を持越ししないでその日以内に、手仕舞いしてしまうやり方なので、予測できないほどに株価が下がることも少なく、リスク管理が容易でしょう。株を売買するには、現物株の他にも投資方法はいろいろとあります。オプションもそのうちの一つです。

オプションといったものには買う権利のコールとプットという売る権利とがあって、各それぞれに売買ができ、この四つのパターンを組み合わせることによって、自在に投資戦法が組めるようになったデリバディブ投資です。
すごく魅力的な投資法ですが、十分な知識がいることでもあります。

株式投資はきわめて魅力的な投資の手だてのひとつです。ですが、株の売買にはいろんな危険も伴います。株の主な危険としては、値が下がる、流動的である、倒産するなどのリスクがあります。株式投資には定期預金などとは異なって、元本が保証されていません。
株の初心者は、その危うさを十分に認識して注意深く投資を行う必要があります。

信用取引は現物株や現金を担保にして資金以上の取引、空売りができることが大きな特徴でしょう。特に空売りは下落相場だと大きい力を発揮し、上手に利用することで相場が上がっても下がっても稼げる武器となるのです。
ただし、資金以上の取引は借金と同じなので、初心者は資金管理をきちんとすることが大事です。

失敗しないで株投資をする方法という本や記事をたびたび見かけます。しかし、絶対に失敗しないということなんてないのです。でも、しっかり勉強して、ルールを決めて投資するなら、成功することもありえるのが株というものなのです。
失敗を恐がったり、一回の失敗で諦めずに学んだ先に、株の楽しさが待っていると思います。給料はなかなか増えないのに物価だけは引き上げようとやけに政府は熱心です。

物価が高くなったならば企業収益が上がり、株価上昇ともなります。銀行に眠っている余剰資金がもしあれば、株式投資を始めるなどすると良いです。

株をやる方法はとても簡単です。

口座を証券会社に作ればよいだけなのです。
今ではネット証券などもありますから、取引自体もスムーズにできます。円安とは、自国通貨単位の円の価値が他国の通貨に対して相対的に下落している状態を指すのです。一般的には円安の状態になると株の価格が上がりやすくなる傾向にあります。輸入産業の場合では、輸入コストが上昇してしまい収益が減ってしまう結果になってしまいますが、逆にいえば、輸出企業の業績は上昇します。自動車や機械などの日本が海外に向けて売る商品が売れやすくなり、その結果、業績があがり、株価が上昇するのです。株式を売却したことで、利益が出た時の税金は申告分離課税が原則ではありますが、証券会社で開いた特定口座での取引の際は本人の代わりに、その度に20%の税金を源泉徴収してもらえます。確定申告の手間がかからない手軽な仕組みですが、損失繰越などをする場合は確定申告をしなければなりません。
株の売買を始めたばかりの方であっても利益を出せる効果的な方法は、焦って行動しないことです。
買い付けを迷っていた銘柄が急に価格が高くなったといって慌てて買い付けすると大抵は高値掴みということになりかねないのです。どのような高騰の理由があるのか、銘柄に不釣り合いなほどの高値になっているのではないかと株を買い付ける前にいったん頭を冷やして分析しましょう。

株の経験がない方だけでなく、株式投資をする方のおおかたはできる限り手数料が安上がりなネット証券に口座を開設するのがよいと思います。なぜかといえば、株式を売買する時の手数料が安価であれば株式投資の売買が至って状況に応じてできるからです。皆そうだと考えるのですが、私は株を開始したころ、初心者でチャートをどうやって読んだらいいのか、把握できませんでした。
今も完全にわかるというわけではないのですが、「おそらくこうだろう」といった見方があるので、それなりに使えていると思います。

しかし、今でもたまにやり損なってしまう時もあります。

株の初心者が最初から、難しい売買をするのは避けた方が良いのです。

仮に、株では空売りをして利益を得るやり方があります。空売りというのは、売りから始める信用取引です。

空売りなら株価が下落した場合でも利益を狙うことができます。

ただ、危険性もあるため、空売りは株の売買が十分つかめてきてから行うべきでしょう。株の新米から投資資金はいくらぐらいで始められるのかと聞かれたら、自分は最低100万円ほどは用意しないと、株式投資を始めるのはハードだと思います。その根拠はこの程度の資金があれば上場されている多数の銘柄の中から気に入った投資する会社を選り抜くことができるからです。株を始めたばかりの人が株式投資をする狙い目は、ほとんどの人の株式投資への関心を失い、株式市場が閑散とした頃なのです。こういう時期だと、どの銘柄もありえないくらい安く株価が放置状態なので、優良銘柄を買うなら絶好の時期だと感じるからです。

株の初心者からベテランまで絶対確認しなきゃいけない数値が日経平均というものです。

日経平均というのは、トヨタやソフトバンク、武田薬品、東レ、京セラ、キャノン、三井不動産などといった、日本代表の全部で225社の株価を平均したものなのです。始めたばかりの人でも毎日のように続けて日経平均を確認することで、株価の大きなトレンドが分かるようになってきます。株を初めたばかりの人は売り払うときを逸してしまうことがあります。誰しもが人間、欲望がありますので、「あとちょっと高くなってから」なんて期待しているうちに、株の値段が下がってしまいます。利益を確定しなければ利益にはならないことを忘れずにおいて自分に合った株の売り方を検討してみると上手い方法が見つかるかもしれません。

株式投資には細分化した手段がありますが、その方法の一つがスキャルピングです。

株を購入してから売却するまでを、スキャルピングは、極めて短時間の数秒から数十秒の間に決済してしまう投資方法です。

スキャルピングの利点は、株保有期間をごく短期間に絞り込むことで、株価が値下がりするリスクを小さなものに保つことができるという点にあります。